みずほ銀行 おまとめローン

限度額を増やしたい時は増額申請

 

キャッシングを長く続けていると「カードローンの初回契約時に30万円で契約したけれど、もう少しだけ限度額を増やしたい」と思う状況になる事があります。

 

カードローンを利用していると、ほとんどの場合が、限度額が抑えられている為、「現在の融資額だけでは足りなくなった」ということも良くある話です。

 

その場合の解決策として、追加融資または増額申請という2つの方法を選択することになります。もちろん、この方法はどんなカードローンでも利用できる方法で、みずほ銀行カードローンでも条件さえ整えば増額は可能です。

 

追加融資と増額申請の違いを知っておく

限度額を増やすために、追加融資と増額申請の違いについて知っておく必要があります。両者はよく似た言葉ですが、意味は全く異なります。簡単に説明してしまうと、現在設定されている限度額の範囲内で、借入する事を追加融資といい、融資限度額を今以上に増やす事を増額申請といいます。

 

カードローンの申込で、借入希望額を20万円で申し込んだ結果、審査で限度額50万円の契約が出来たとします。契約時は20万円だけが必要だったので、カードで20万円を引き出すと、この時点で引き出せる金額は何もしなくても残り30万円まで引き出す事が可能です。

 

この残りの30万円の範囲内で新たに借入れする事が追加融資になります。つまり、追加融資をすること自体、特別に何もすることありません。限度額の範囲内なら何度でも借入れることができます。

 

増額申請は時間がかかる

増額申請というのは、追加融資とはまったく違い、現在利用できる限度額の範囲内では不足という場合、現在の利用限度額を増やしてもらうために申請をする事を増額申請といいます。

 

増額申請は、現状のまま電話や会員ページから申請するのが一般的ですが、みずほ銀行カードローンの場合は、新たにカードローンを申込むというちょっと変わった形で増額申請をする事になります。

 

申請の方法はインターネットもしくは店頭窓口という方法になりますが、電話での申込が簡単です。

 

みずほ銀行のカードローン専用デスクへ電話をすれば、個人情報の照会をした後に色々とカードローンについて相談をすることが出来るので、そこで増額を希望する事を伝えれば、後は指示をしてくれます。

 

そのまま、電話の担当者が申請を受け付けてくれると、審査結果を待つだけになります。この審査結果については数日ほど時間が掛かる場合が多いので、即日の審査結果は期待しないほうがよいです。増額の審査で不合格になったからといって、今のカードローンは解約にはなりませんので心配する必要はありません。

 

審査なしで増額される場合もある

みずほ銀行カードローンの増額はこちらから申込をする方法と、増額案内を待つという方法があります。増額案内があればほぼ無審査で増額出来ます。審査がないと言えばそれは嘘になりますが、少し流れが異なります。

 

みずほ銀行カードローンを利用している人の中から、みずほ銀行が増額をしても良いと判断出来る優良顧客を選んで、増額案内をする時があります。個の案内が有れば、その時点で増額の審査はすでに合格しているので、後は申請をすれば増額してもらえる可能性は高くなります。

 

この方法だと、ATMからすぐに契約することが出来ます。増額案内を受け取るコツは、とにかくみずほ銀行カードローンを継続して利用する事で、その返済は遅延や延滞を起こさず、しっかりと返済を続ける事がポイントです。

 

増額申請は審査が厳しくなる

すでにカードローンを利用しているからといって、増額申請をしても簡単に増額を認めてくれるとは限りません。ハッキリ言って、初めてカードローンに申し込む時の審査より厳しい審査が行われます。

 

カードローンの申込み時点で提示される限度額は、その人の属性に合ったものとなっています。審査によって、「この人にはこれだけなら貸しても大丈夫」という判断をし、最初から最大限の限度額が設定されています。その上に「もうちょっと限度額をアップしてほしい」と希望するわけですから、審査が厳しくなるのも当然です。

 

限度額が下がる場合もあるので注意が必要

みずほ銀行カードローンで増額を考える時は、基本的には銀行側から増額の案内があるまで待つ方がよいかもしれません。

 

と言うのも、自分から増額申請をした結果、逆に利用限度額を下げられてしまったという例もあるからで、この場合は増額申請があったから再度審査したら、本人の信用度が下がっていたため、やむなく限度額が下がったという事もあります。

 

ですから、むやみな増額申請はおすすめできません。

 

他社借入は個人情報を汚すだけ

「審査の厳しさを考えると、他社で新たな借入を検討した方がよい」と言う書き込みを見ますが、これは絶対避けるべきで、その結果が多重債務という事になってしまい、信用情報機関の個人情報に傷をつける事にもなります。

 

出来る事なら、増額案内を待つか、増額できるという自信が出来た時に増額申請をおすすめします。