みずほ銀行 おまとめローン

みずほ銀行カードローンの審査は厳しい?

キャッシングを利用したいと思った時、どこで借りるかが重要になります。申込先は消費者金融や信販会社、銀行カードローンで申込が出来ます。

 

ただ、それぞれに特徴があり、同じ系列の中でもさらに違いが有ります。

 

大きく分けて、即日融資が可能かどうか、低金利で利用できるかと言うところですが、この条件をみたしているのが「みずほ銀行カードローン」です。

 

3つのポイントから選ぶなら

キャッシングの申込むにあたって、気になるのが、「金利の低さ」「使い勝手」「イメージ」になると思います。

 

支払う利息をできるだけ少なくしたいというのは誰でもが思う事ですし、審査に通ったあとの借入れや返済がラクなのも重要なポイントです。さらには、借入れをする金融会社のイメージが良くなければ、申込みの時に躊躇する事もありますし、そこを利用していることを家族や知人に見られたくないものです。

 

こうした3つのポイントに加えて、最近では「審査の早さ」、すなわち「即日融資」で借りられる事が求められています。借入れを申込む時というのは、当たり前の事ですがお金が必要な状況ですから、申込をして審査結果が出るまでの時間が短いというのは、すぐにでも借りたい時は、大変ありがたく感じます。

 

それぞれの特徴を知る

金融会社には、消費者金融系、信販会社系、銀行系のカードローンがあり、それぞれに特徴があり、どれを選んでもメリット、デメリットがあります。

 

たとえば、消費者金融は審査時間が短いので利便性がありますが、金利が高い事や、イメージがあまりよくないという事が有ります。クレジットカードなら、ショッピングの利息はかからなくても、キャッシングの利息は高くなるというようなメリットデメリットが有ります。

 

みずほ銀行カードローンはこれらの要件をすべて満たしてくれる

これまでは、銀行カードローンは金利が低いのがメリットで、審査に時間がかかるのがデメリットと言われてきました。ところが最近、条件を満たしたサービスを提供している銀行が登場しました。

 

しかし、消費者金融や信販会社に比べて審査の厳しさはあるものの、審査時間は大幅に短縮されて、使い勝手も非常に良くなっている事から人気が高くなっています。

 

おすすめはみずほ銀行カードローン

中でも注目すべきは、「みずほ銀行カードローン」です。銀行のカードローンのメリットである金利の低さや、融資限度額が高いのが最大の特徴で、最高借入可能は、業界一の1,000万円になります。そして気になる金利は、借入れ金額ごとに設定されていますが、1,000万円を借りた場合は、3.0%という超低金利のカードローンです。

 

みずほ銀行カードローンの「コンフォートプラン」で借りた場合の金利は100万円~200万円まで12.0%と消費者金融と比べると約6.0%の違いが有ります。何故この金額の金利を見たのかというと、おまとめローンで借り換える時は、おそらくこの範囲の借入になる場合がほとんどで、みずほ銀行カードローンに借り換えると6.0%金利を抑える事が出来ます

 

もちろん、10万、20万の少額借入れでも、消費者金融の年利は18%程度ですから、銀行ローンと比べると、やはり支払利息の総額で大きな差が出ます。

 

即日融資に対応している

みずほ銀行カードローンは、以前から低金利でサービス提供されていましたが、新たに「即日審査サービス」が加わったため、申込み数がかなり増えています。

 

即日融資は、インターネットで24時間申込が可能で、平日の9時~20時の間に審査結果を知らせてくれるので、今日中にお金が必要と言う方でも何の心配もありません。

 

また、銀行の営業時間内に審査結果が出た時は、銀行の窓口でローンカードを受け取り、そのままATMコーナーやコンビニなどで借入れが可能です。カードは、独自のローンカードか、みずほ銀行の普通用金口座と一体になったキャッシュカードから選べます。

 

口座一体型のカードだと、毎月の返済は普通預金口座から自動的に引き落とされますし、カードの枚数も増えないので、何かと便利です。

 

もちろん、銀行系のカードということでイメージの良さも抜群ですし、家族に内緒で申し込む場合も、キャッシュカードと一体なのでバレる確率は低いと言えます。

 

審査は厳しい?

クレジットカードや消費者金融は、総量規制と制限の中で融資を行っています。総量規制の制限とは、融資の限度額は年収の3分の1までと言う制限が有り、この限度額は他社(銀行借り入れは除く)からの借入額も含まれる、というものです。

 

これに対し、みずほ銀行カードローンのような銀行カードローンは、総量規制の対象外になります総量規制が影響しないので、銀行が返済能力ありと判断すれば年収に関係なくお金が借りられるという事になります。ただし、審査基準は消費者金融に比べて厳しくなります。

 

審査で一番重要視されるのは、年収が高い事、次に重視されるのが、他社からの借入額が少ない事になります。この2つの項目によって、申込者の返済能力が計算され、利用限度額が決定されます。現時点で年収が低い、他社からの借入額が多い人は、利用限度額が低くなります。

 

逆に、年収が高くて他社からの借入れもないという方なら何の心配もありません。