みずほ銀行 おまとめローン

おまとめローンとは、複数の業者からの借入をしている人に向けられた商品です。

 

「複数の借入をひとつにまとめる」という意味で一本化する事で、苦しかった日常生活から解放される多くのメリットがあります。

 

おまとめローンは、銀行や消費者金融等の様々な業者が用意しています。

 

おまとめするには、原則今借りている金利より低金利に借り換える事が重要になってきます。おまとめは消費者金融の「おまとめローン」や「借り換えローン」と言うような商品が有りますが、銀行カードローンでもまとめることが出来ます。

 

銀行カードローンは基本的に金利が低く、融資限度額も多いので一般ローンでもおまとめする事が出来ます。中でも「みずほ銀行カードローン」は低金利と業界一の高額融資が可能なので、おまとめにも十分利用できるカードローンです。複数社の借入が有る方は、みずほ銀行カードローンにまとめてみませんか?

 

借金の苦しみから解放されるのがおまとめーローン

消費者金融やクレジットカードのキャッシングを重ねてしまい、多重債務に陥ってしまった場合、解決方法となるのがおまとめローンです。

 

まとめる事が出来ると

 

複数日あった返済日を1日にまとめる事が出来る

返済日が月に何回もあってバラバラだと、ついつい返済日の前にお金を使ってしまったり、うっかり返済日を忘れていたりという事でお金の管理が難しくなっているはずです。

 

返済日が1日になれば、そんな心配もありませんし、なんといっても精神的なストレスから解放されるという大きなメリットが有ります。

 

毎月返済の額が抑えられる

一本化の目的や内容にもよるのですが、まとめる事で返済が厳しくなるのでは一本化する意味がありません。基本的に一本にまとめると、毎月の返済額が小さくなります。

 

金利を低く抑える事が出来る

基本的にまとめる場合は、現状の金利より低いところでまとめるのが鉄則です。

 

一般のローンやキャッシングよりも低い金利のところを選ぶ事がポイントですが、金利面から考えると、銀行カードローンがおすすめです。

 

返済総額を抑える事が出来る

毎月返済額で変わってきますが、おまとめで金利が下がるという事は、利息を含めた総返済額が少なくなります。ただし、これは毎月返済額によって総返済額が増える場合もあるので注意が必要です。

 

まとめるためにはタイミングがある

多重債務になると、何らか事情で返済のリズムが崩れてしまうと、返済が滞ってしまう事や、悪くすれば返済ができなくなるということになります。

 

返済が苦しくなってくると、新たな借入れ先を探さなければならず、最悪その場しのぎで乗り切ろうとも考えますが、借入件数も多く、その上遅延などを起こしていれば、審査結果はさらに厳しいものになります。まとめる場合は何とか返済ができているうちに考えるべきで、少しでも早くまとめる事が重要です。

 

みずほ銀行カードローンがおすすめなのは

みずほ銀行カードローンは、名前の通り、みずほ銀行が運営しているカードローンです。

 

カードローンは2種類のカードあり、一つは「コンフォートプラン」もう一つは「エグゼクティブプラン」があります。それぞれ使える機能や融資までの時間に違いが有ったり、インターネットバンキング「みずほダイレクト」に加入しているかどうかで使える機能が違ったりします。

 

このように条件によって細かいルールが変わるので、複雑な要ですがどちらのプランになるかは審査で決まります。申込条件は、20歳以上66歳未満で安定した収入が有る方となっています。基本的には株式会社オリエントコーポレーションの保証が受けられる方で、安定した収入がある方なら、正社員に限らずパートやアルバイト、派遣社員、自営業の方でも問題なく申込めます

 

また本人に収入のない専業主婦も、配偶者に安定した収入が有れば申込みが可能です。銀行カードローンなので総量規制の対象外になるので、消費者金融のように、年収によって借入限度額が決まるという事はありません。

 

みずほ銀行カードローンのメリット

限度額が1,000万円という高額融資が可能なカードローンは、現在ではみずほ銀行かジャパンネット銀行だけになります。

 

また総量規制の対象外なので、審査に通れば年収に関係なく限度額が決まります。

 

金利は「コンフォートプラン」は年利4.0%~14.0%「エグゼクティブプラン」は3.5%~7.0%ですが、住宅ローンを利用している方は、ここからさらに0.5%が優遇されます。

 

プランは2通りありますが、「エグゼクティブプラン」の金利は業界内でもかなり低金利になるので実際に適用される人は少ないと思えるので、「コンフォートプラン」が適用されると思っておく方がよいでしょう。

 

しかし「コンフォートプラン」だとしても、大手消費者金融の上限金利が18%、平均的な大手銀行カードローンの上限金利が14%台なので、「コンフォートプラン」でも十分に低金利の部類に入るので、おまとめにも最適のカードローンと言えます。

 

みずほ銀行カードローンは、無収入の専業主婦でも申込可能です。2010年に施行された貸金業法の改正で、無収入の専業主婦はキャッシングで借りられるところが激減しました。

 

専業主婦が利用できるのは銀行カードローンのみといってもよいくらいで、現在、専業主婦専用の商品が用意されているのは、

  • みずほ銀行カードローン(限度額30万円)
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン 「バンクイック」(限度額30万円 ※専業主婦の場合)
  • 楽天銀行スーパーローン(限度額50万円)
  • イオン銀行カードローンBIG(限度額50万円)
  • ソニー銀行カードローン(限度額50万円)

などがあります。

 

また口座引落の際に残高が足りないときに、みずほ銀行の普通貯金口座があれば、その分を自動で貸し出す「自動融資サービス」が利用できます。支払いが滞ってトラブルになるのをふせぐことができるので安心です。

 

おまとめは金利を比較する事が重要

 

大手消費者金融の上限金利は18.0%がほとんどで「プロミス」に限り上限金利17.8%とわずかですが低くなっています。銀行カードローンの平均が14.0%なので、みずほ銀行カードローンの「コンフォートプラン」は100万円~200万円は12.0%なので、消費者金融と比べると、単純に6.0%下がりますし、銀行の平均金利と比べても2.0%下がるので十分におまとめとして利用できます。

 

申込方法は口座が有るなしで違ってくる

申込方法は、5つから選べますが、口座が有る場合と無い場合で申込方法が変わります。

  • Web申込(口座あり)
  • ホームページ
  • 電話
  • 郵送(口座あり)
  • 店舗窓口

 

すでに口座を持っている方が対象の申込方法で、みずほダイレクト加入済み、もしくは通帳を用意できる方なら、来店不要・郵送でのやりとり不要で申込めます。

 

融資までの流れは、
Web申込→審査(審査回答)→審査結果の連絡→必要書類を送付→契約完了→メール→利用開始と言う流れになります。

 

借入は手持ちのキャッシュカードが利用するので新たなカード発行はありません。時間帯に寄っては即日融資が可能です。

 

ホームページから申込む(口座無し)

口座のない方のWeb申込は少し複雑になり、時間もかかります。申込から審査結果の連絡までは同じですが、それに加えて口座の開設が必要になります。審査回答→契約書類が郵送→記入捺印して返送→契約完了→利用開始となります。

 

キャッシュカードを兼用する時はこの流れですが、カードローン専用の場合は、送られてきたカードローンを使う事になります。

 

郵送

基本的な流れはホームページからの申込と同じです、連絡方法がメールと郵送ぐらいになる程度です。

 

申込から融資までの必要時間

受付時間は平日9時~20時ですが、審査が可能時間は保証会社であるオリエントコーポレーションの業務時間内(平日9時~17時くらい)になるので、それ以外の時間帯に申込をすると、審査結果が解るのは翌営業日になるので、即日融資で借りたい時は注意が必要です。

 

みずほ銀行の申込は口座が有るか無いか、カードの種類によって違ってきます。申込から融資まで最も早い方法は、口座が有る方は「Web完結申込」、口座がない方は「銀行窓口」からの申込が最速になります。Web完結申込なら、来店不要で書類提出が不要、最短即日融資可能です。

 

手持ちのキャッシュカードを利用できるので、余分なカードを持ち歩く必要はありません。銀行窓口で申込む時は、口座開設とカードローンを同時に申込めます。場合によっては即日融資も可能です。

 

しかし、即日融資に関しては、いずれの方法も「うまくいけば可能」という程度に考えておく方がよいかもしれません。Web完結申込、銀行窓口以外の方法だと、融資まで1週間~1か月以上かかることもあります。

 

キャッシュカード兼用型とカードローン専用型の違い

申込みの際は、「キャッシュカード兼用型」と「カードローン専用型」のどちらかを選択する必要があります。カードによって、使えるATMやサービスが異なるので、比較する事がポイントです。

 

「キャッシュカード兼用型」の特徴は、銀行のキャッシュカード機能とカードローン機能が一緒になったカードで、すでに口座を持っていて、キャッシュカードと兼用で使いたい場合はこちらを選択しましょう。

 

「カードローン専用型」の特徴は、カードローン専用のカードになります。銀行のキャッシュカードと、カードローンのカードを分けて使いたい時は、「カードローン専用型」を選択してください。

 

用意しておく必要書類

カードローンの申込には書類が必要になります。どこで申込をするにしても必要なのは本人確認書類で、みずほ銀行カードローンの場合、運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、健康保険証、印鑑証明書、住民票、住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書のうちいずれかの写し一つが必要になります。

 

借入希望額が200万円を超える時は、収入証明書類として、源泉徴収票、住民税決定通知書または課税証明書、納税証明書のうちいずれかの写しを用意しておく必要が有ります。

 

これらの書類提出方法は、Web完結申込の場合、みずほ銀行から送られてくる「必要書類登録用URL」に画像保存した書類を送信する事になります。電話やホームページからの申込や郵送の場合は、郵送で送ることになります。

 

審査に通りにくい人の傾向

みずほ銀行カードローンの保証会社は株式会社オリエントコーポレーションが行っています。申込はパートやアルバイト、派遣社員でも可能ですが、やはり銀行カードローンという事もあり、申込をすれば誰でも通る訳ではありません。口コミなどを見ても、審査に通らなかったという人もいます。

 

審査に通らなかった人の傾向として、

  1. 金融事故情報が信用情報機関に記載されている。
  2. 過去にみずほ銀行で金融事故を起こしている。
  3. うその勤務先を申告した。
  4. 他社借入件数や借入残高が多い。

という事が有った方は、審査に通らないと言われています。

 

特に信用情報機関の個人情報の記載内容が大きく影響します。審査は申込書の記入内容と、信用情報機関の個人情報を基にして審査が行われるので、個人情報で長期延滞や債務整理、代位弁済、矯正解約が有った場合はまず審査に通ることはありません。

 

もっとも、多いのが長期延滞で、ローンやクレジットカードの支払い、携帯電話料金の支払いを2~3ヶ月以上延滞すると、長期延滞として信用情報に記載されてしまい、記録は延滞が解消されてから最長5年は情報が残ります。長期延滞の記録が残っているうちは審査に不利になりますが、延滞を解消してから1年以上経過している場合は、審査に通る可能性もあるようです。

 

信用情報機関の事故情報は一定期間が過ぎれば消滅しますが、みずほ銀行で起こした事故は何年たっても消える事はありません。もし、そういったことが有る場合は、申込先をみずほ銀行カードローン以外で申込む必要が有ります。

 

審査は年収と他社の借入状況を基に、返済能力を判断しています。

 

そのため、借入件数や借入残高が多いと、返済が続けられないという判断をされてしまい、審査に通る事が難しくなります。いくらまでという事は正確に解りませんが、銀行の場合年収の35%までが返済できる限度とみる事が多いので、返済額がこれ以上になると難しくなります。

 

とりあえずは、自分が努力すれば改善される項目もあるので、それらの項目を改善してから申込む事が重要になります。